【E3】バンダイナムコ『DRAGON BALL Fighter Z』発表!ほぼアニメのまんまのグラフィック!

■E3

2017年6月12日、ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市「E3」において“Xbox E3 2017 Briefing”が開催されました。その中で、バンダイナムコより新作ドラゴンボール格闘ゲームが発表されました。

Sponsored Links

え?アニメじゃないの?

『DRAGON BALL Fighter Z』トレーラー公開!

開発は「アークシステムワークス」

■アークシステムワークス

アークシステムワークスは格闘ゲーム「ギルティギア」や「ブレイブルー」を手掛ける本格格ゲーの老舗開発会社です。ドラゴンボールはキャラゲーといった感じで本格的な格ゲーでは無かったんですが開発をアークシステムワークスが行うということで、キャラゲーの枠を超えた作品となりそうです。

とうとうアニメをそのまま動かせるレベルへ

■グラフィック

「ギルティギア」や「ブレイブルー」もドットでは無く、3DCGで描きながらドット絵の昔ながら格ゲーの雰囲気を上手く表現出来ていました。今作はそれを超えるレベル。アニメをそのまんま動かしているといっても過言ではありません。動画内の戦闘シーンは特に顕著に感じます。ほんとにCG!?

対応プラットフォーム・発売日

■対応プラットフォーム

対応プラットフォームはPS4、XBOXONE,PC。

発売時期は2018年初頭予定。

おらワクワクしてくっぞ!

管理人は「ドラゴンボールZ」世代。子供のころ、よくアニメ見てました。動画内ではセルやフリーザ、メタルクウラ、魔人ブウと名悪役が。見ているだけで「おらワクワクしてくっぞ!」