バンダイナムコエンターテインメントより発売予定の『リトルウィッチアカデミア時の魔法と七不思議』のグラフィックが割とスゴイ!

リトルウィッチアカデミア

『キルラキル』などを手掛けたアニメ制作会社「TRIGGER」が制作したオリジナルアニメ『リトルウィッチアカデミア』。2015年には映画『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』を公開。

Sponsored Links

『リトルウィッチアカデミア時の魔法と七不思議』のグラフィックが割とスゴイ!

まずはこちらの動画から!

国内版トレーラーよりアメリカ版の方が、動画再生時間が長かったのでアメリカ版を掲載。

ビジュアル・ハーモニー・システム

動画を見てもらえば分かるように、キャラクターの表情やモーションがなめらかでヌルヌル動いています!本作で導入されている、まるでアニメのように動き回るシステムが”ビジュアル・ハーモニー・システム”。略してVHS!

今の若い子は分からないかもしれないけど、おっさん・おばさん世代で”VHS”といったらVideo Home System(ビデオテープ)しかイメージ出来ない。ブルーレイやDVDがでる前は”VHS”だったんですよ~。

しかし、モーションや表情がシームレスに変化していくのは驚きました。アニメに極めて近い絵面の作品は日本でも登場していますが(ナルトや二ノ国、ドラゴンボールなど)、『リトルウィッチアカデミア』はモーションの滑らかさが段違い。これはアニメに興味がない方にも見てもらいたい。

戦闘システムは横スクロールアクション!?

戦闘システムはまさかの横スクロールアクション。やばい。アニメ見たことないけど横スクロールアクション+VHSのせいで一気にほしくなってきた・・・。

公開されている画像から察すると[L1]+〇or△or□で魔法発動。[L1]+[R1]+〇or△or□で必殺技発動と推測。〇や△には任意で魔法や必殺技がセットできるようです。

最大で3人パーティ編成?主人公”アツコ・カガリ”、精霊使い”ロッテ・ヤンソン”、毒物マニア”スーシィ・マンババラン”の3人が同時に戦闘している画像が確認出来ます。

 対応機種・発売日情報

■対応プラットフォーム

プレイステーション4

■発売日

2017年11月30日

■プレイ人数

1人

■ジャンル

ドッキドキーのワックワクーなアクションアドベンチャー(公式です)

■価格

通常版7,600円

初回限定生産盤11,100円

ちょっとほしくなっちゃった

原作アニメ知らないのに、動画みたらほしくなっちゃいました。ただキャラゲー+新規IPなのでゲームとしての出来が未知数。作品的にドラゴンボールやナルトほど知名度が無く、シリーズ化はされにくいと思うので、どこまで作り込んでくるのか・・・。発売後の皆さんの感想見ながら考えようかな。