【仁王】DLC第3弾『最後の侍』の”九尾の狐”を攻略!攻撃パターンやコツを紹介

DLC第3弾『元和偃武(げんなえんぶ)』

9月26日配信予定の仁王DLC第3弾『元和偃武(げんなえんぶ)』。新たな妖怪・守護霊・キャラクターが追加され、仁王最後のDLCとして登場。

Sponsored Links

『最後の侍』の”九尾の狐”を攻略!

九尾の狐戦は真田幸村と共闘!

ミッション『最後の侍』の豊臣秀頼戦後から真田幸村と行動を共にするようになるのですが九尾の狐戦でも共闘してくれます。頻繁に九十九武器を発動するので心強い味方となります。

仁王最後のボス”九尾の狐”

メインミッションの最終が『最後の侍』となり、そのミッションのラスボスが九尾の狐。体力が高くダメージが通りづらいので長期戦を覚悟して臨みます。

悟りの道:九尾の狐クリア動画

まずはこちらを参考にどうぞ

注意すべき攻撃パターンと回避法

噛みつき攻撃

白いモヤが発生した際は、ガード不可の噛みつき攻撃を行ってきます。悟りの道以上ではほぼ一撃で落命となるので確実に避ける必要があります。横へ回避すれば簡単に回避が可能。

回転攻撃

至近距離や背後にまわると全身を回転させての攻撃を行ってきます。攻撃範囲が非常に広いので十分距離をとり回避しましょう。

火弾攻撃

火の弾が顔のまわりへ発生したら火球を飛ばす遠距離攻撃を行います。左右へ走っていれば回避できます。

半同心円状へ波状攻撃

尻尾が立て震わせたら尻尾を地面に突き刺し前方180°の範囲へ波状の攻撃を行います。この攻撃での落命リスクが最も高いと思われるので注意が必要です。当たればほぼ落命となるので回避に専念しましょう。回避法は九尾の背後へ回れば確実に回避が可能。

攻撃のタイミング

至近距離で九尾の顔を攻撃し前足の踏みつぶし攻撃を誘う

前方至近距離にいると両前足を同時上げ踏みつぶす攻撃を行ってくる可能性が高いです。この攻撃は攻撃範囲が狭く回避しやすいので、この攻撃後顔へ1,2発攻撃を入れましょう。

ガード不可の掴み攻撃後

ガード不可の掴み攻撃後も隙ができるので攻撃を入れましょう。

波状攻撃は回避できれば反撃のチャンス

波状攻撃は背後に回ることができれば大きな隙が出来ているので攻撃を叩き込むチャンス。積極的に狙いましょう。

攻略のコツ

ヒット&アウェイでコツコツ削る

攻撃範囲が広く、一撃が強力ですが攻撃前のモーションが分かりやすいので慌てずにパターンを理解していれば回避は容易。隙を見て1,2発だけ入れることを心掛ければ時間はかかってもクリアできるはず。

真田幸村を最大限に活用

真田幸村は貴重なダメージソース+ターゲット分散要員。プレイヤーは回避に専念して大きな隙のみ攻撃をし、あとは真田幸村に任せるのも手です。真田幸村もダメージを受けすぎると膝をつくので、はやめに助けましょう。

恐いのは一撃のダメージ量だけ

初見では非常に強く思えるボスですが、攻撃前の予備動作や回避法を理解すればそれ程強くはありません。体力が多くダメージが通りづらいので長期戦でいかに集中力を切らさないかが重要かと思いました。