【スクエニ】期待のNintendo Switch新作『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』紹介映像 3月編を公開!

【スクエニ】期待のNintendo Switch新作『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』紹介映像 3月編を公開!

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)

Nintendo Switch用タイトルとしてスクウェア・エニックス社が現在開発を行っているRPG「OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)」。開発を行うのは「ブレイブリーデフォルト」シリーズを手掛けている開発チーム。ドット絵を3D表示させたような懐かしくも新しいグラフィックは必見です!

Sponsored Links

『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』2人の主人公やジョブシステムを紹介

今回公開されたトレーラーでは8人の主人公のうちから新たにトレサとアーフェンの2人を紹介。そのほかにもジョブシステムやアビリティも公開されました。

商人トレサ

トラベラー:トレサ

君は、中つ海望むコーストランド地方の港町で両親が営むよろず屋で”商人”として働いていた。
君はいつも、海を見つめながら考えていた。
自分がしたいことって?本当に手に入れたいものは何?
「あの水平線の向こうには、何があるのかな?」
そんなある日、君の前に一隻の商船が現れる――

引用:OCTOPATH TRAVELER公式サイト

トレサ固有 フィールドコマンド「買取る」

オクトパストラベラーの主人公達はそれぞれ異なるフィールドコマンドを所持しています。商人トレサのフィールドコマンドは「買取る」。街で話しかけられるあらゆる人物から商品を買い取ることができます。

買取った商品はアイテムとして使用できるだけでなく、街の人々の中には特定のアイテムを欲しがっている人がいてアイテムを渡すことで進展する場面もあります。街の人々との会話が本作では重要となりそうですね。

薬師アーフェン

トラベラー:アーフェン

君は、小川せせらぐリバーランド地方にある小さな村で
“薬師”をしている。
君には、幼い頃に命を救ってくれた恩人がいた。
代金を求めず薬を置いて去った、旅の薬師だった。
「あの人みたいに、大陸中の人を救ってやりてえんだ…!」
そんなある日、未だ旅立てずにいる君に、友が語りかける――

引用:OCTOPATH TRAVELER公式サイト

アーフェン固有 フィールドコマンド「聞き出す」

薬師アーフェンの固有フィールドコマンドは「聞き出す」。街の人々の会話することで特別な情報を得ることができます。街の娘との会話から宿屋の割引情報を手に入れることで、実際にその街の宿屋の宿代が下がるという恩恵を受けることが出来ます。

他にも隠されたアイテム情報を入手することでどこかにアイテムが出現するなど色々なバリエーションがあります。それ以外にも話しかけた人物の生い立ちも閲覧できるようになり、より深く作品を理解するのに役立ちそうですね。

バトルジョブ

本作の主人公達はあらかじめ1つジョブを保有しています。今回公開されたテレサであれば”商人”、アーフェンであれば”薬師”となります。物語の進行と共に主人公達は初期のジョブともう1つジョブをもつことができるようになります。

ジョブの特徴

現在公開されている主人公は8人中4人。今までに判明しているジョブは剣士・踊子・商人・薬師の4つ。主人公の数だけ恐らくジョブは用意されているのだと思います。仮に8種のジョブが用意されているとすれば組み合わせは28通りとなります。

ジョブによって使用できるアビリティには違いがあります。薬師であれば回復系のアビリティが用意されています。又、ジョブにより装備できるものも変わってきます。

踊子の「闇夜の詩」では敵全体にダメージを与える効果があるようです。右上にはHPとSPの表記が確認できることからアビリティの使用にはSPを消費すると考えられます。敵の下部には数値と?マークが並んでいますが、恐らく数値は敵のレベル、?マークは敵の弱点を示すのでしょう。

アビリティ

ジョブにはそれぞれアビリティが用意されており、ジョブポイントを消費して新たな技を覚えることができます。

バトルジョブ剣士の場合

画面右側に並んでいるのがアビリティ。アビリティの内容から”剣士”のアビリティであると予想できます。アビリティによって必要なジョブポイントが異なります。ポイントを貯めて最初から強力なアビリティを取得するのか、ポイントが低いものから順番に取得していくかはプレイヤー次第。

アビリティスクリーンショット

発売日

■対応機種

Nintendo Switch専用タイトル

■発売日

2018年7月13日

■価格

6,800円+税

『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』紹介映像 3月編

温かみのある3Dドット、ミニチュアに見えるようなグラフィックは素晴らしいの一言。フォトリアルだけが綺麗なグラフィックではないですよね。非常に楽しみな作品です。