【PS4】『NBA2K22』9月10日発売、日本版パッケージのカバー選手は八村塁!

NBA公認ゲームであるNBA2Kシリーズは、現在のところ唯一のバスケゲームであり、最も売れているビデオゲームフランチャイズの一つです。NBA2KシリーズはEスポーツのゲームタイトルになっているため、北米を中心にスポーツベッティングでも人気があります。日本人用ブックメーカーを使えば、日本からもNBA2Kのトーナメントに賭けられます。「NBA2K22」が来月9月10日に発売されます。PS4からPS5またはXboxOneからXboxSeries X | Sへのアップグレードは可能ですが、クロスプレイには残念ながら対応していません

新しい特徴・機能

ネイバーフッドやシーズンなどNBA2Kシリーズのお馴染みの機能に加えて、クルーズ船などの新しい特徴も登場するようです。マイチームの変更やマッチメイキングの改善の他、ザ・シティも新装し、新しいザ・シティにはノンプレイヤーキャラクターや新しいクエストシステムが追加され、ナラティブが補完されています。

PS5およびXboxシリーズX | S用のNBA2K22では、ザ・シティとマイキャリアが統合され、マイキャリアモードではバスケだけでなく、プレーヤーの二次的なキャリアとして「サイドベンチャー」が導入されており、プレーヤーはファッションや音楽などの異種業界でのキャリアを実現できるようになっています。全体として、より没入型かつカスタマイズ可能なロールプレイングゲーム体験に仕上がっているようです。

残念ながらPS4ユーザーは、ザ・シティは利用できませんが、豪華クルーズに乗船したネイバーフッドモードで楽しめます。ネイバーフッドモードではシーズン中、色々な場所に出航し、ゲームの進行に合わせて定期的にさまざまなスポットに立ち寄ります。プレイヤーは船が停泊するたびにエクスカーションカウンターにアクセスし、イベントに参加することができます。マッチメイキングと探索はクルーズ船上で行われます。

初の女性カバー選手

ロサンゼルス・スパークスのキャンデース・パーカー選手が、初の女性カバー選手として北米のGameStop及びEBGames版のNBA2K22の表紙を飾ることで話題を呼んでいます。キャンデース選手自身もこのニュースを喜んで、自身がビデオゲームの熱狂的なファンとして育ち、ゲームのキャラクターのようになることを夢見たと述べています。加えて、スロベニア出身であるダラスマーベリックスのルカ・ドンチッチ選手が標準のカバーを飾り、NBA 75周年記念版にはNBAのカリーム・アブドゥル=ジャバー元選手、ダーク・ノヴィツキー元選手、ケビン・デュラント元選手が選ばれています。

日本版カバーは八村塁

NBA2K22日本版の表紙を飾るのは、中学時代からNBA2Kシリーズをプレイし、NBAを夢見ててきたという、期待の八村塁選手です。八村選手は、東京オリンピック日本選手団の旗手を努め、今年は一層注目を集めました。日本では長らくバスケはマイナー競技に位置づけられていましたが、近年Bリーグは確実に躍進し、バスケ専用アリーナも各地に出来ました。五輪では、残念な結果に終わりましたが、Bリーグの成長は今後も右上りになると期待されています。スポーツくじ改正法の成立により、今後Bリーグはスポーツくじの対象にもなるようです。NBA2Kシリーズも今後ますます日本でも人気が高まっていくかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする