盗まれたコインは6億ドル以上、BTCの価格は5万ドルに迫る

ハッカーがPoly Networkに侵入し、6億ドル相当以上の暗号通貨を盗んだことが明らかになりました。この事件は、暗号通貨市場における最大のハッキングとみなされています。Poly Networkは、複数のチェーン間の相互運用性を実現することを目的とした、分散型の金融プラットフォームです。

「We are sorry to announce that #PolyNetwork was attacked(残念ながら、#PolyNetworkが攻撃を受けました)」とPoly Networkは述べています。開示された暗号通貨ウォレットのアドレスに基づき、推定で2,858イーサトークン(2億6700万ドル)、6,610バイナンスコイン(2億5200万ドル)、8500万ドル相当のUSDCトークンが盗まれました。また、Poly社は、被害を受けたブロックチェーンや暗号通貨取引所のすべてのマイナーに対して、ハッカーのウォレットアドレスからのトークンをブラックリストに登録するよう呼びかけました。

攻撃の直後、Tether社は、ハッカーとされるウォレットアドレスに関連する約3,300万ドル相当のUSDTトークンを凍結しました。一方、ブロックチェーンベースのセキュリティ企業であるSlowMistも、攻撃者のIPアドレス、Eメール、デバイスのフィンガープリントをすでに特定したと声明を出しています。これを受けて、BTCpostの読者や暗号通貨ユーザーは、自分のコインに目を光らせています。

誰もが驚いたのは、ハッカーが6億1,000万ドルのうち約半分を実際に返却し、全額を返すことを約束したことです。ハッカーが送ったメッセージでは、「すべての資産を投棄しただけ」と言っていました。今のところ、約2億6000万ドル相当のコインが返還されています。ハッカーが資金返還の報酬として寄付を求めたことで、事態はより深刻になりました。

SlowMistとは別に、Ellipticもハッカーを追い詰めるために奔走しています。Elliptic社は、ブロックチェーン・フォレンジックの会社で、暗号通貨ビジネスや金融機関のアナリストでもあります。

Elliptic社の共同設立者であるトム・ロビンソン氏によると、今回の事件は、たとえ膨大な量の暗号資産を盗むことができたとしても、それを現金化することは困難であることを証明しています。これは、ブロックチェーンの透明性とシステム分析によるものです。この状況を打開する最も安全な方法は、資産を返還することです。

マーク・キューバン氏による暗号通貨に関する警告

市場でいくつかのハッキング事件が発生しても、ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号通貨の価値は継続的に上昇しています。BTCの価格は前週20%以上上昇し、5月中旬以来の高値である45,000ドル以上に達しました。また、イーサリアム(ETH)やドージコイン(DOGE)などの他のコインも上昇しています。

暗号通貨税規定に関する上院のシャットダウンを前に、億万長者の投資家・起業家であるマーク・キューバン氏は、BTCやその他のコインを遮断することは市場に大きな影響を与えると述べています。

この成長エンジンを遮断することは、1995年に人々がクレジットカード詐欺を恐れて電子商取引を停止したり、当初はウェブサイトが複雑で何になるのか理解できないと考える人がいたためにウェブサイトの作成を規制したりするのと同じことだ」とキューバン氏は述べています。

同規定では、資金調達規定の一環として、アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)への暗号通貨取引の報告に関する新ルールも提案しています。これにより、暗号通貨税だけで280億ドルもの資金を調達できる可能性があります。

この暗号規定は、ユーザーやBTCpostの読者が、最近のニュースが暗号の不安定な性質にどのような影響を与えるかを知るために、暗号の最新情報を把握しているため、暗号通貨コミュニティで騒がれました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする