ブラックフライデーとサイバーマンデーで安全に買い物をするには?

ブラックフライデーとサイバーマンデーで安全に買い物をするには?

アメリカの感謝祭(サンクスギビング:Thanksgiving Day) の翌日の金曜日はブラックフライデーと呼ばれ、クリスマス商戦の初日で、小売業者にとっては1年で最も大切な日です。

2005年以降、ブラックフライデーの3日後の月曜日はサイバーマンデー (米国で毎年11月の第4木曜日に行われる感謝祭の翌月曜日)と呼ばれています。ブラックフライデーや週末に店舗で買い物をし、翌日職場のパソコンからオンラインで買い物をする人が多く、この日のオンライン販売が急増するため、こう呼ばれるようになりました。

日本でもアマゾンのブラックフライデー・セールはすっかり定着して、日本国内の小売業者の間でも影響を受け始めています。

日本のオンラインカジノサイトではまだブラックフライデー・キャンペーンは行われていないのですが、年中、bet365 Japan ボーナスコード などが実施されており、ショッピングサイト「サイバーマンデーセール」の買い物に備えるのもいいアイデアだと思いませんか。

でもブラックフライデー・セール、サイバーマンデー・セール等のオンラインショッピングの猛威は、熱心な買い物客を引き寄せるだけでなく、サイバー犯罪者が人々からお金をだまし取る絶好の機会にもなっています。

オンライン詐欺を回避する方法

  • フィッシング

攻撃者が不正なメッセージを送り、機密情報を共有させたり、マルウェアを導入させたりする、サイバー犯罪の手口の中でも最も古い手段の1つです。

  • 偽ソーシャルメディア

偽ソーシャルメディアのアカウントを開設して人々を誘い込みます。

先着500名様限定でお得なキャンペーン!というリンクをクリックすると、個人情報が盗まれたり、デバイスが危険にさらされたりする危険性が。

偽のウェブサイトからメールでの詐欺まで、サイバー詐欺師は合法的と勘違いする網を張ることに長けています。

  • お得感が強すぎる場合は要注意

自分がターゲットにされてると感じたら、自分自身で調査してみましょう。例えば、リンク付きのお得なキャンペーンを受け取ってもそれをクリックしてはいけません。

その代わりに、ウェブアドレスをよく見て、スペルミスや大文字小文字の入れ替えなど、本物の小売業者のURLと変更がないかを確認してください。

  • 複数アカウント対策

すべてのアカウントで異なるユーザー名とパスワードを使用していることが重要です。

特にセール期には、パスワードのランダム化や管理、二要素認証の利用を、これまで以上に心がける必要があります。

  • 購入後の疑問点

購入してしまった後でも、自分を守るにはまだ遅くはないかもしれません。まずは、追跡情報が記載された確認メールを受け取ったかどうかを確認しましょう。

支払い方法とそれに伴う保険の条件(本来買い物をする前に確認すべき)によっては、そのお金を取り戻せるかもしれません。

今年のサイバーウィークを成功させ、安全に過ごすために、これらの戦略を心に留めておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする