【イースⅧ】PS4版『イースⅧ-Lacrimosa of DANA-』プレイ日記第6弾!隆起珊瑚の森~

■『管理人PS4版「イースVIII」を買う』第6弾
「イースVIII-Lacrimosa of DANA-」を購入したのでプレイ日記を書いていきたいと思います。今回は第6弾「プレイ日記第6弾!隆起珊瑚の森~迎撃戦」。第5弾はこちらよりご覧いただけます。

ネタバレ含むので注意!

Sponsored Links

第2部カーラン卿&キルゴール救出後~

■カーラン卿&キルゴールがいた場所へ

「隆起珊瑚の森」でカーラン卿&キルゴールを救出した場所へ戻り、その先へ進みました。進んだ先の池でいきなりBOSS戦へ。

<慈悲深き戦慄の咢 セルペンタス>

■漢字が読めない

咢←これ読めますか。わたしは読めませんでした。(;´・ω・)
読み方は「がく」らしいです。でもIMEでは「がく」で変換してもこの漢字出てこないのですよね。

仕方なく「読めない漢字 手書き」で検索したら、マウスで手書きで漢字を書くと候補を表示してくれる素敵なサイトがあったので、手書きで書く→候補を選択→咢をコピー&ペーストでようやくこの文章が書けています。

恐るべきセルペンタス。

セルペンタス戦

■セルペンタスの攻撃パターン

・前方へ首を突き出しての攻撃
・背中から毒の水泡を出す攻撃
・回転攻撃
・飛び上がってから落下+衝撃波
が主な攻撃パターンです。

■弱点

ダメージが通りやすいのは頭。頭を積極的に狙いましょう。

■戦い方

距離をとっておけば攻撃は食らいません。敵の攻撃を見ながらヒット&アウェイ戦法が安全。回復アイテムは持って行った方が良いです。回復アイテム使用時は時間の流れはストップするので安全に回復できます。死んでしまうと「蘇生薬」が必要になるので、なるべく死ぬ前に回復アイテムで回復しましょう。

無事撃破!

攻撃を受けるとけっこうHP削られるので苦戦しました。が、回復アイテムを1回使用しながら無事1回目で撃破できました(`・∀・´)エッヘン!!

セルペンタスがいた池で釣り!

■釣りができる

セルペンタス戦の場所は、池になっているので撃破後よくよく見ると魚影があるではありませんか!さっそく釣りに興じます。

■今回の獲物

一匹目:リュンガ 75.3cm ランクB

初めての大物(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
手応えからして今までのように〇ボタン連打だけではいかず、左スティックの操作も必要でした。〇ボタン連打してもなかなかゲージが上がらなかったの大物は違うね。

二匹目カーヴィス 24.5cm  ランクD

こちらは小物。簡単に釣れました。

三匹目:セイレンマス 26.5cm  ランクD  

名前にセイレンが入っているので、セイレン島でしか釣れないんでしょうね。でも「セイレン島へ行って戻った人はいない」という話だったのに、だれが命名したんでしょうか。釣った本人アドルがその場のアドリブで命名してるんではあるまいかm9( ゚д゚)

■その魚大丈夫?

でもこの池ってさっきのセルペンタスがいた池なんですよね。背中に毒々しい丸っこいブニブニした球体付けてて・・・。この池の魚食べるんですよね。下水道の魚食うようなもんですが(;・∀・)ダ、ダイジョウブ…?

池を先に進むと宝箱!

■宝箱から冒険具

宝箱の中身はグリップグローブ

グリップグローブを冒険具として装備することで、ツタを登れるようになります!今まで登れそうでどのボタン押しても、キャラチェンジしても登れなかったんですが、冒険具が必要だったんですね。今まで行けなかった場所にも行けるようになりました。

さっそくグリップグローブが活躍

■小ネタ

左スティックで上下を押すと移動できるのですが、ジャンプボタンを押すとより早く移動が可能!ツタを登っている途中で横へジャンプで飛び降りることもできます。

ツタの途中でジャンプ!降りた先には・・・

■書物GET!

最初にグリップグローブを手に入れた場所のツタを登り、途中で右の足場へジャンプした先には宝箱がありました。中身は「紅き指南書<旋>」

書物でスキルを習得

■新スキル【トルネードソード】GET!

書物をアイテム欄で確認すると、書物を使用することでスキルを習得出来るとのこと。「紅き指南書<旋>」ではアドルが【トルネードソード】を習得できます。早速アイテム使用して習得させてみました。

トルネードソード参考動画

■使えそう!

早速空打ちで確認。前方直線状に竜巻が起きてます(/・ω・)/
スキルは使うことでレベルが上がっていくのでじゃんじゃん使っていこうと思います。

今回はここまで

冒険具も1個GETして行ける場所が増えているはず。今まで既に通った場所にも、ツタで行けなかった場所があるので戻ってアイテム収集に回らねば。以上第6弾でした。