バンダイナムコが現在制作中[CODE VEIN]の1stトレイラーを公開!

アニメ絵調死にゲーCODE VEIN(コードヴェイン)

今回公開された1stトレイラーがこちら

今回公開されたYOUTUBE動画のコメントより

■CONCEPT
数々の強敵と危険が待ち受ける広大なダンジョンにパートナーとなる”バディ”と共に挑むドラマティック探索アクションRPG。絶望的な世界で共に恐れ 共に乗り越え その先に待つ未知の光景に震える心を分かち合え。

出典:バンダイナムコゲームス

とあり、フロムソフトウェアの「デモンズソウル」や「ダークソウル」系のゲームを意識した内容となっています。

フロムソフトウェアが独自の西洋ファンタジーで作り、コーエーテクモが和風ダークソウルとして作り、そしてバンダイナムコがアニメ調ダークソウルといったところでしょうか。

ダークソウル、ブラッドボーン、仁王とプレイしてきた管理人としては期待しています。

CODE VEIN(コードヴェイン)発売時期

現時点では2018年の発売との情報しかありません。

続報を待ちましょう。

今回のトレイラーから考察

主人公の武器

今回のトレイラーでは主人公の武器は片手剣しか出てきませんでした。

おそらく武器、防具は種類があると思いますが現時点ではわかりません。

攻撃が当たった後のエフェクトや敵の反応が軽い気がしますが、少々不安です。

ステージ

ステージはビルが廃墟化した場所、雪と氷で覆われた場所、地下が確認できます。

現時点でステージは「仁王」のようなミッション型ではなく、ダークソウルのようなオープンステージですべてが繋がっているという情報です。

トレイラーから見るBOSS

今回のトレイラーで長身で青い体をした女性型の敵が大きな槍を振りまわして攻撃しています。

もう1体はロボットのような大きな体で盾をもっています。

おそらくこの2体はBOSSではないでしょうか。

独自要素

この作品の主人公は吸血鬼なので血を吸う際に口元へ特殊なマスクがあらわれます。

動画内でも仲間の女性が敵を尻尾のようなもので突き刺す際と、主人公が腕で敵の腹を抉る際にマスクをしています。

おそらくこの部分がこの作品の他の死にゲーとの差別化するポイントになってるんだと思います。

まだまだ謎が多いCODE VEIN(コードヴェイン)

はっきりいって現時点で全然分かりません。

発売が来年ですので気長に続報を待ちましょう。

ちなみに

コナミでFOXエンジン(MGS5の為に開発されたエンジン)を開発していた世界レベルのエンジニア、ジュリアン・マーセロン(Julien Merceron)氏はコナミ退職後、2015年12月付でバンダイナムコと雇用契約を結んでいます。

雇用契約が結ばれてから1年以上たつので、この作品に絡んでいたりするんでしょうか。

こちらの続報も期待してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする